カテゴリー

オフィスフォーラム ”働きやすさ”を五感でデザインする!

Post Image

(Please scroll to read in English)

今、時間や場所にとらわれない新しい働き方が注目される一方で、
オフィス内の働く環境も変化を求められています。

「部内のコミュニケーションが取れていない」
「隣の席同士なのにメールで会話している」
「たばこ吸う人は休憩が多いと不満が出ている」

インターネットやメールの普及により生産性や効率の向上を求められる中、長時間労働やコミュニケーション不足などによるストレスは心の問題となって表れ、労働環境の厳しさは増していると言われています。

そんな、現代が求める “働きやすい”オフィス空間を体感できるフォーラム「“働きやすさ”を五感でデザインする!」が2月16日(木)
株式会社 清和ビジネスで開催されました。
フォーラムは2つの講演、五感体験・五感のオフィス体験ツアーの3部構成で進められ、盛りだくさんの内容となりました。

講演 1では、長年 産業医として様々な企業に携わり労働者の健康管理や指導をしてきた広島国際大学 感性デザイン学 教育研究室 吉長成恭教授が、産業医の視点からオフィスでのメンタルヘルスについて、感性デザイン・マーケティングの専門家の視点からオフィスでの感情とコミュニケーションの変化について講演しました。

講演 2では、Air Aroma Japan 代表取締役 柳川舞が「“働く環境”の変化と感性空間の創造」と題し、香りと音と照明を取り入れた空間例を紹介しながら五感の相互関係と空間デザインについて話しました。オフィスという働く空間とそこで働く人、過ごす時間を考えた時、そこには一般的に解釈されている“働きやすい”空間とは違う「感性空間」がありました。

五感体験のワークショップでは、香りとハイレゾリューション音源 KooNeを使って、空間がどのように変化するかを体験。参加者同士が向かい合い、聴覚・視覚・嗅覚が互いに与え合う影響を実際に体感する機会となりました。

今回のフォーラムが開催された 株式会社清和ビジネスの社内は、そこに緑があると隣で働く人にどういう心象を与えるのか、喫煙所の前に緑があると非喫煙者がそこをどう感じるのかが考えられた空間設計になっています。当日、喫煙所の前にはエアアロマのディフューザーを置き、タバコの漏れ臭と合わさることで香りが完成するという特別な香りで演出しました。

そして、上下昇降デスクを導入しスタンディングワークを取り入れているオフィスを見学、お話を聞くことができました。
見下ろす、見下ろされるという従来のデスクで起こりがちな無意識なパワーシグナルを緩和し、立って仕事をしていると、周囲の人々が近づきやすく、会話しやすくなるそうです。
コミュニケーションの活性だけでなく、腰痛や肩こりといった慢性的な身体の不調を改善したり、また自分でポジションを選択できることが様々な職種で業務の効率アップにもつながっています。

当日は、お客さまが訪問するエントランスでは美しいブーケを連想させるAyo(アヨ)の香りでお出迎えを、社員の出入りが多いエントランスでは、交感神経に働きかけストレスリリースを促すArobalance(アロバランス)の香りで疲れて営業から帰ってくる社員のみなさんをお迎えしました。

全体を通して、ただモノを置くだけではない、ただ新しいコトを導入するだけではない、心理的な居心地や働きやすさを追求したオフィス空間を体験できるフォーラムとなりました。

------

An Office Forum: Designing a Comfortable Work Environment led by the Five Senses

New work styles unbound by time or location are gaining traction of late, and physical offices are also being pressed to change and adapt.
“No communication between departments”
“Employees seated side-by-side e-mailing each other”
“Smokers seen as taking too many cigarette breaks”
While expectations for productivity and efficiency have skyrocketed due to the web and email, it is said the working environment is not improving, seeing an increase in work hours and decrease in direct communication.
On February 16th, 2017, a forum titled “Designing a Comfortable Work Environment led by the Five Senses” was held at Seiwa Business, inviting attendees to experience a modern and productive office. The forum included two lectures and a tour of an office designed with the five human senses in mind.

In the first lecture, Haruyuki Yoshinaga, professor in the Kansei Design Education Research Department at Hiroshima International University and long-time occupational physician, spoke of mental health in the office from years of experience in the health maintenance of corporate employees. He lectured from the perspective of a Kansei Design marketing expert focusing on emotions and changes in workplace communication.
In the second lecture, Air Aroma Japan’s Mai Yanagawa gave a talk titled “Changes in the Working Environment and Creating a Kansei Space”. She introduced workspaces that incorporate scents, sounds, and lighting to increase productivity, in an approach to “comfort in the workspace” that embraces the five human senses.

In a workshop designed to “awaken the senses”, scents were diffused in a space, in addition to the sounds of high-resolution sound producer KooNe. Participants faced each other for a first-hand understanding of how the human senses of hearing, vision, and smell affect their influence on one another.

The forum was held in the offices of Seiwa Business, designed with an abundance of plants including in front of the smoking room, to see how greenery affects the emotions and well-being of both smokers and non-smokers. On the day of the forum, an Air Aroma diffuser was placed in front of the smoking room, enhancing air quality with an aromatic blend that transforms rather than masks any traces of smoke escaping the room.

Participants were then invited to view an office utilizing standing desks, hearing employees’ thoughts on their workspace. Employees shared that standing desks allowed them to communicate more freely with each other, taking away the “looking down” or “looking up” aspect of a conversation. The standing desks also help to alleviate back and neck pains, and the freedom to move about has been said to increase productivity.
On the day of the event, our Ayo scent welcomed participants with the aroma of a fresh flower bouquet as they walked through the entrance. And the doorway used by employees was enhanced with Arobalance, an oil proven to release stress in the sympathetic nervous system, to help ease their way back into the office.

The forum proved to be an effective way for guests to experience an office space that is more than a collection of things, both physical and digital, but a space that provides emotional and psychological comfort.

コメント

コメントは歓迎いたしますが、スパムおよび誹謗中傷はご遠慮ください。

コメントがありません。

投稿されたコメント