カテゴリー

南三陸ポータルセンターで香LINK(カオリンク)ワークショップを開催

Post Image

8月4日(土)、 宮城県本吉郡南三陸町にある南三陸ポータルセンターで香LINK(カオリンク)ワークショップ「アートと香りを楽しもう!」を開催しました。

小学生から大人まで30名以上の方にご参加いただきました。

アートの講師はその土地のカラー、リズム、温度を感じ、創作を続けるプロの絵描きである田中紗樹さん。最近では、「星野リゾート 界 仙石原」開業に先駆けて開催された「アーティスト イン レジデンス 箱根仙石原」のアーティスト12名に選ばれ、制作した作品が客室に展示されています。

カテゴリー

福島県下郷町 森林学習ワークショップ レポート 

Post Image

2018年6月25日(月)、私たちのサテライトオフィス&ハーブ園のある福島県下郷町で、地元の小学生たちに向けた森林学習が開催され、私たちも香りのワークショップを行ってきました。

年々、林業従事者が減っているという日本。そして何より、木に触れる機会が減ってしまい私たちにとってどれだけ大切な資源か見失いつつあります。今回の企画は、子供たちに木に触れ学ぶ機会を与えるためのもの。私たちは香りのプロフェッショナルとして「木の香りの不思議」について学んでもらい、木にもっと興味を持ってもらおうとワークショップを企画しました。

カテゴリー

働き場改革〜Workplace Innovation〜

Post Image

7月31日(火)KooNe presents 感性セミナー&VERDENIA見学会「働き場改革〜Workplace Innovation〜」で、Air Aroma Japan 株式会社 代表取締役 柳川舞が講師をつとめます。

今、国全体の大きな課題として上がっている「働き方改革」。様々な企業で労働環境の改善が進められています。

ただ単に長時間労働を是正すればいいのではなく、人、時間、空間、法律... 様々な要素において改革が必要とされています。
その中の一つ、働く環境には感性エレメント(緑や音・香り)が求められています。セミナーでは、生産性の向上につながるオフィスの感性空間設計についても触れるとともに、実際に感性エレメントを取り入れている大和リース東京のオフィス VERDENIA(ヴェルデニア)体感ツアーも開催します。

カテゴリー

WEBサイト 「ビズキャンプラス」に 経営者インタビュー掲載

Post Image

「楽しくもっと将来にもつながる何かにチャレンジできる、そんな場をつくりたい」という大学生と、社会人で運営されているWEBサイト「ビズキャンプラス」に 弊社 代表取締役 柳川舞のインタビュー記事が掲載されました。
 
インタビュー記事はこちら

カテゴリー

「人間会議2018夏」に記事掲載

Post Image

政府の「働き方改革」の取り組みのひとつとして開催された、「2017年度内閣府共催 企業×女性起業家マッチングイベント」が、「人間会議2018夏」(事業構想大学院大学出版部2018年6月発行)に取材、掲載されました。女性起業家としてトークセッションに登壇した、弊社 代表取締役 柳川舞のコメントも詳しく紹介いただきました。

カテゴリー

RSA Japan Fellows’ Network主催の学会にてセミナー開催

Post Image

5月15日(火)、RSA Japan Fellows’ Network(以下、RSA JFN)主催の学会にてJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントと共同でセミナーを行いました。

RSA JFNは、多くの人々のために、小さなアイデアや新しいアイデアを育て、よりよい社会を築くために実際のアクションを起こすことをミッションとし、英国ロンドンを本部とするRSA(Royal Society for the encouragement of Arts, Manufactures and Commerce)の日本在住のフェローが運営している非営利の任意団体です。

RSA JFNは、日本の新しく面白いアイデアはもちろん、多くの埋もれている叡智や技術を再発見・再認識し、グローバル・インテリジェンスへと転換することに挑戦しています。
今回のセミナーでは日本における働き方改革の一つであるワーキング・スペースの改善にフォーカスし、感性を生かした環境が従業員の幸福度や生産性の向上にどのように貢献するのかをお話しました。

香りのパートではオフィスにおける香りの需要や導入事例の紹介を行い、香りがあるオフィスと、香りがないオフィスの違いを体感していただきました。
セミナーには、アーティスト、マーケターなど様々な職種、バックグラウンドや国籍の違う20名の方々に参加いただきました。グループディスカッションでは「理想的なオフィスとは?」「実際にオフィスに取り入れた場合はどうなる?」など、香りと音のある空間について意見交換を行いました。

「(香りと音は)見えないものだからこそ重要だと気付いた」「一緒に働く同僚を思いやる気持ちが必要だと感じた」など、これまで仕事をするだけの空間であったオフィスを別の視点から見て気づきの声をたくさんいただきました。

今後、ますますオフィス環境や働き方に多様性が求められるようになります。「働く場所」に何が求められるのか、これからどう変化していくのかに注目が集まっています。

▼RSA JFNの公式サイトにもレポートを掲載いただきました。
働き方改革:感性による快適なオフィス空間
https://www.thersajapan.org/single-post/2018/05/23/Senses-at-Work:Improving-the-workplace-via-sensory-stimulation

カテゴリー

新宿区立鶴巻図書館でワークショップを開催

Post Image

今年も鶴巻図書館での香りワークショップが、2018年5月13日(日)に開催されました。

今回は、視覚と嗅覚の関係を理解し、オリジナルの香りを作るワークショップ。感覚器の相互作用を学術的に説明する講義もあり、少し難しいワークショップでしたが参加いただいた皆さんの、真剣に香り嗅ぎ、そしてアウトプットする姿が印象的でした。
参加してくれた小学生の中には、調香師になるのが夢という子も!

回を重ねるごとに参加希望者が増え、今回は定員の3倍近くのご応募をいただきました。
図書館を含め、全国様々な分野において香りのある空間を提供する私たちですが、ただ空間を演出するだけではなく、色々な角度から嗅覚の可能性を感じてもらえたらと日々願っています。

最近では企業様から直接ワークショップやセミナーのご依頼をいただくことも増えてきました。いつもと違った角度から働き方を考えたり、香りのある空間を体験したりできるセミナーを不定期で開催しています。
→ 告知などはFacebookからご覧いただけます。

カテゴリー

オーストラリア大使館にて香りの演出  Australia Day in Spring 2018

Post Image

毎年桜の時期に駐日オーストラリア大使およびオーストラリア大使館が主催で開催されるオーストラリア・デー・イン・スプリング(Australia Day in Spring)が今年も4月に開催され、例年同様レッドカーペットが敷かれたエントランスでは、来場されたお客様をエアアロマの春の香り「Springtime」がお迎えしました。