香りマーケティング

ブランドに香りをリンクさせる

香りによるブランディングとは、単に心地よい香りで空間を満たすだけではありません。企業のブランド・アイデンティティを確立でき、香りで顧客や消費者にインパクトあるメッセージを伝え、より訴求力を高めるといったマーケティング効果があります。

また、心地良い照明やBGM、格調高いインテリアに囲まれた美しい空間で香りの演出を行うと、その効果は格段に向上します。視覚、聴覚、嗅覚と五感を刺激するブランディングが行えるため、感情に強く訴える「つながり」とも言える関係を顧客との間に築くことが可能になります。

香りマーケティング

香りの即効性

香りの即効性

心地よい空間には、ゲストが長く滞留します。

たとえば、適度で心地よい香りに満たされたショップは、ゲストが店内をゆっくりと見てまわるなど、より長い時間滞在します。また、香りに誘われた人が店内に入ってくるなどの誘客効果もあります。

さらに、ブランドに合わせて独自に開発した「オリジナルフレグランス」を使えば、ブランドの確立、ゲストや従業員のための最適な環境やムードづくり、そして競合企業との差別化にもつながります。

エアアロマの香りのカスタマイズ詳細

サイエンス情報

単なるマーケティング手法にとどまらない香りの効果

鼻で香りを感知する嗅覚受容体は、記憶と感情をつかさどる脳の領域と密接に連動しています。そのため嗅覚は他の知覚器官よりも機能的で、非常に優れています。

事実、嗅覚は人の感情に変化を与える条件のうち、75%もの影響力を持つといわれています。この嗅覚が持つ影響力は、匂いを認識する嗅腺と、感情と記憶を支配する辺縁系の密接な関係によるものです。

香りは、苛立ち、ストレス、落ち込み、無気力などの
ネガティブな精神状態を脱するためのサポート効果があり、幸福感、リラックス、高揚感、官能性のようなポジティブな感情を高めることができます。

Stephen Warrenburg (IFF) Gary E. Schwartz
(Yale University)

職場での休憩時間にラベンダーの香りを拡散させることで、業務効率の低減を防ぐことが実証されました。

Sakamoto, et al, 2006 Oxford Journals | Life Sciences & Medicine | Chemical Senses