カテゴリー

「WORK STYLE BOOK vol.03(2018年9月10日発売)」に掲載されました

Post Image

人生をより豊かに楽しくする働き方「WORK STYLE BOOK vol.03(2018年9月10日発売)」に、エアアロマ ジャパンが掲載されました。

私たちは、元サッカー日本代表選手で現在は実業家として活躍されている 中田英寿さんのオフィスを香りで演出しています。
紙面の中では、中田英寿さんのオフィスに導入している香りについてと、エアアロマ ジャパンのユニークな働き方の2点をご紹介いただきました。

まず、香りについて。
何度も中田さんと打ち合わせを重ね、こだわりのシグネチャーセントができあがりました。中田さんからのリクエストは

「一本の太い神木がそびえ立つ神聖な空間で、思わず襟を正すような空間の香り」

香りには、大まかに「リラックス」と「覚醒」の2つの側面がありますが、今回は中田さんのリクエストに合う「覚醒」に重きをおきました。黒を基調とした空間、檜のカウンター、天然木の素材などを邪魔しないような高貴な力強さと共に、凛とした仏閣にいるような香りです。

次に、エアアロマジャパンの多様な働き方について。
私たちが福島に持つサテライトオフィスと畑について、沖縄からリモートワークしている社員がいること、子連れ出勤をしている社員がいることなどを取り上げていただきました。

エアアロマジャパン が多様な働き方を認めているのは、「人」と「人の感性」をとても大事にしているからです。私たちは日々、香りのある空間で過ごす時間や見えない価値を追求しています。窓のない薄暗い会議室で幸せな体験を想像することもできないし、人の感性を育てることもできません。

そういった理由から、会社が社員に行かせる研修もちょっと変わっています。

話すことを強化するトレーニングでは、劇団に期間限定で加入して舞台で演じる。落語教室に通う。プレゼン研修では創作ダンスレッスンを受けて自分を表現する、等々。
画一化するのではなく、個性や感性を伸ばしつつ仕事にどう繋げるかを大切にしています。

働き方としては、これまでの実績として、子連れ出勤やペット連れ出勤、家族の転勤や両親の介護でのリモートワーク、アーティスト契約勤務などがあります。働き続けるために乗り越えなければいけない外的要因も内的要因も人それぞれです。ある程度個性を尊重し、自分らしく働ける環境を作ることで、お互いの働き方にとても寛容でいられます。

会社に合わせて働くのではなく「社員の働き方に会社が寄り添う」それは、エアアロマジャパン設立時から変わらない、「自分らしく働ける会社」でありたいという代表の想いがベースにあります。

コメント

コメントは歓迎いたしますが、スパムおよび誹謗中傷はご遠慮ください。

コメントがありません。

投稿されたコメント