科学

「Arobalance」とは?

長時間のストレスは、高血圧、心臓障害、もの忘れ、不安、うつ病、感染症などの大きな原因となる可能性があります。
「Arobalance」の配合成分は、嗅神経細胞を刺激し、情動領域(大脳辺縁系)と脳のにおい識別領域(皮質)の二つの部分に信号を送信します。
大脳辺縁系は交感神経系をコントロールする部分ですが、「Arobalance」に配合されている緑色植物から抽出された成分が交感神経の活動を抑えることが研究されました。
交感神経の働きが落ち着いている状態は、ストレスが少なく、質の良い睡眠を取ることにつながります。

「Arobalance」について

「Arobalance」のフレッシュな香りは10分から30分で消えますが、脳内の情動領域には、最大で7時間程度もその効果を持続させることが科学的実験で分かりました。

テスト

慢性的なストレスが及ぼす影響とは

下記の図は、慢性的ストレスに対する影響を交感神経終末の活性電位で示しています。交感神経終末における情報伝達レベルを測るために、微小細胞外電極を用いて比較しています。

交感神経の働き

A.ストレスの少ない状態

B.ストレスの多い状態

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
160
120
80
40

A ストレスを感じていない状態
B ストレスがたまっている状態
C 植物Cの抽出成分を吸引した場合
D植物Dの抽出成分を吸引した場合
E植物Eの抽出成分を吸引した場合
F~H それぞれ違う植物の抽出成分を吸引した状態
I ラベンダー精油を吸引した状態

ストレスを感じてない状態Aと比較すると、慢性的なストレス状態のBは交感神経の活動度数が高いことがわかります。

CからEの植物の香りを吸引した場合、交感神経の活動で表されるストレスの軽減が数値化されています。

FとIの香りは交感神経の活動に対してあまり変化は見られません。

効果の高かった植物の抽出成分に対してさらに研究が進められ、慢性的なストレスに働きかける最良の配合比率が生み出されました。
「Arobalance」は、この研究をもとに開発されたアロマです。

生物医学研究チーム

生物医学研究チーム<br />

慢性的ストレスは、ニューロンのシナプス結合数を減少させるため、海馬の損傷を引き起こす原因になっていることが立証されています。結果として情報伝達力を低下させ、最終的には「もの忘れ」の原因につながるとされています。

ニコラス・ラヴィディス博士と
生物医学研究チーム

「Arobalance」を始め、香りの分子は脳にダイレクトに届きますが、特に情動や記憶を調整する扁桃体や海馬に伝わります。
私たちが行った研究では、ストレスを受けて活性化した交感神経の働きを抑えることで質の良い睡眠に繋がることを発見しました。

ニコラス・ラヴィディス博士と
生物医学研究チーム

ご購入

「Arobalance」のご購入はコチラ

「Arobalance」のご購入はコチラ。